女性が一生稼げる資格や職業

女性にとって、一生お金を稼ぐに困らない「手に職」といえる職業は何でしょうか。まず、代表的なものとしてあげられるのは看護師です。高齢化社会に伴い、病院の需要はますます増えています。もちろん、そこで働く看護師は常に人手不足が叫ばれており、求人は絶えず出ている状況です。そのため、採用されやすいといえます。給料も良く、一人で生活するにも家族を養うにも、十分な金額を稼ぐことができる職業です。しかし、稼げる金額は働き方と能力次第ともなります。病院で働く場合、多くは交代制なので休日もしっかり確保されており、待遇は優れているといえるでしょう。もちろん、人の生死に関わる職場なのでストレスや責任も多く、激務という側面もあります。しかし、国家資格かつ看護学校に通う必要があるなど専門性が求められる職業だけあって、今後も仕事がなくなることはありません。
続いては、介護福祉士や社会福祉士などのいわゆる三福祉士です。老人ホームやデイケアセンターなど、社会福祉施設での労働が主となります。これも、高齢化社会に伴い需要が増えている職業です。資格の取得は看護師よりやや簡単でありますが、待遇では給与面などで看護師には一般的に劣ります。しかし、人手不足の現場は多いため、就職に困ることは少ないです。また、施設の管理職への道も開けています。
最後は保育士です。これも、共働き家庭の増加により子どもを保育所に預ける親が増加しているため、需要が増えています。給与は安いですが、時間パートでの働き方もできるので、空いた時間を活用することが可能です。正社員として働くこともできます。いずれも、国家資格が必要かつ社会情勢の変化により、需要が増大しているというのが共通点となっているようです。
手に職をつけたいと考えている女性へ~これからの女性は手に職を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です